演奏会のお知らせ

当団が今後予定している演奏会をご案内します。


アウローラ管弦楽団 第17回定期演奏会

日 時 2017年6月24日(土) 12時45分開場/13時30分開演
場 所 すみだトリフォニーホール(大ホール)
※JRまたは東京メトロ半蔵門線錦糸町駅より徒歩5分
指 揮 田部井 剛
料 金 全席自由 1,000円(未就学児入場不可)
60歳以上の方、墨田区在住の方は無料ご招待。
チケット購入:トリフォニーホールチケットセンター(03-5608-1212)

曲 目 ♪前奏曲嬰ハ短調「鐘」(S.V.ラフマニノフ/L.ストコフスキー編)
♪パガニーニの主題による狂詩曲(S.V.ラフマニノフ) −独奏:伊藤 亜純
♪交響的舞曲(S.V.ラフマニノフ)
 
 ラフマニノフの交響曲をライフワークとして演奏してきた私たちアウローラ管弦楽団ですが、2010年10月の交響曲第1番を皮切りに、これまでに交響曲第3番(2012年6月)、合唱交響曲「鐘」(2014年8月)、交響曲第2番(2015年1月)を取り上げてきました。そして今年2017年6月24日、最後の交響曲となる交響的舞曲を取り上げることで、アウローラ管弦楽団は日本のアマチュア・オーケストラ史上初となるラフマニノフ交響曲全曲制覇を達成することになります。
 ラフマニノフの生涯最後の作品となる交響的舞曲。若き日の野心作である交響曲第1番と同じくグレゴリオ聖歌「ディエス・イレ」が執拗なまでに引用される等、この両作品には多くの共通点が見出され(交響的舞曲の1楽章では交響曲第1番の旋律も引用されます)、両者はラフマニノフの人生の終わりと始まりを繋ぐ円環を形成しています。アウローラ管弦楽団のラフマニノフの人生を辿る旅は、2010年の交響曲第1番から始まり、2017年の交響的舞曲で完結することになりますが、当団にとってこの円環となる2曲を演奏することは、この演奏会が1つの終着点であり、同時に新たな始まりの1ページとなることを意味しているようで、象徴的でもあります。
 一方、サブプログラムではザルツブルク在住のピアニスト、伊藤亜純さんをお招きして、ラフマニノフの最も有名なピアノ協奏曲のひとつである「パガニーニの主題による狂詩曲」をお届けします。指揮者である田部井剛先生の信頼厚く、幾多の共演を重ねてきた若きソリストの華やかな演奏をお楽しみ頂ければと思います。さらにオープニングでは、ラフマニノフのやはり最も有名な作品である前奏曲「鐘」を、「パガニーニの主題による狂詩曲」の世界初演をラフマニノフと共演した指揮者ストコフスキーが4管編成の巨大オーケストラ用に編曲した版でお送りします。
 今回のプログラムは全て、ラフマニノフが祖国ロシアからアメリカに移住した後に世に送り出された作品となります。新大陸アメリカで華やかに活動しながら、ハリウッドの豪邸にはロシア人しか招かなかった、アメリカのロシア人ラフマニノフ。そんな彼は青年時代に作曲した交響曲第1番の楽譜の片隅に、自筆で「復讐するは我にあり」と綴っていますが、その一方で人生の終わりに作曲した交響的舞曲の終楽章に至って、グレゴリオ聖歌「ディエス・イレ」と「アレルヤ」が混じりあい音符が埋め尽くされる楽譜の片隅に、「私は神に感謝する」と書き込みました。新天地アメリカで成功しながらも故郷ロシアを失い、祖国に帰れぬ悲しみと深い望郷の念に包まれた孤独な旅人ラフマニノフ ― その人生の旅路に想いを馳せながら、演奏に耳を傾けて頂ければと思います。

 お問い合わせはアウローラ管弦楽団広報までお願い致します。

■オンラインチケット(無料招待状)を発行する■

 ◆チラシ挟み込みをご希望の団体様へ◆

 当団では以下の要領にてチラシ挟み込みを受け付けております。お問い合わせはアウローラ管弦楽団広報までお願い致します。折り返し詳細をご案内致します。

 ※アマチュアオーケストラ団体に限らせて頂いております。
 ※挟み込み要員について2名様のご協力をお願い致します。
 ※ホールへの事前郵送についてご案内しておりますが、郵送に於けるトラブル等については責任を負いかねます。
 ※申し込み団体数に制限はございません(何十団体でもお受けします)が、演奏会1週間前までにはご連絡ください。


アウローラ管弦楽団 第18回定期演奏会

日 時 2018年1月6日(土) 12時45分開場/13時30分開演
場 所 すみだトリフォニーホール(大ホール)
※JRまたは東京メトロ半蔵門線錦糸町駅より徒歩5分
指 揮 米津 俊広
料 金 全席自由 1,000円(未就学児入場不可)
60歳以上の方、墨田区在住の方は無料ご招待。
チケット購入:トリフォニーホールチケットセンター(03-5608-1212)

曲 目 ♪遠き王女の為の前奏曲(劇音楽「遥かなる姫君」より)(N.N.チェレプニン)
♪歌劇「サルタン皇帝の物語」組曲(N.A.リムスキー=コルサコフ)
♪交響曲第6番ロ短調「悲愴」(P.I.チャイコフスキー)
 
 お問い合わせはアウローラ管弦楽団広報までお願い致します。


アウローラ管弦楽団 第19回定期演奏会

日 時 2018年5月6日(日) 12時45分開場/13時30分開演
場 所 ミューザ川崎シンフォニーホール(音楽ホール)
※JR川崎駅より徒歩3分
指 揮 未定
料 金 全席自由 1,000円(未就学児入場不可)
60歳以上の方、川崎市在住の方は無料ご招待。

曲 目 ♪鋭意選曲中
 
 お問い合わせはアウローラ管弦楽団広報までお願い致します。


アウローラ管弦楽団のトップページに戻る